アン・タブチのブログ

色々と現状を変えたいと思っているひとです

転職し続けてきたけど、753どころか16くらいになった

f:id:antab:20180516033812j:plain

 

転職の753現象って知ってますか?

 

いろいろなバージョンがあるのですが、一つは「就職して3年以内に中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が離職する現象のこと。」らしいです。

 

七五三現象 - Wikipedia

 

転職753現象にはもう一つの意味があって、「転職すればするほど年収が7割・5割・3割」と下がってくる現象のこともいうそうです。

 

いわゆる「転職負のループ」っていうやつです。

 

自分、3回どころかもっと転職しています。なのでこの年収バージョンの転職753現象を検証することができます。

 

自分の年収については以前書いた通り。

 

antab.hatenablog.com

 

これ書いたのが3年前です。このころは転職したてでかなり厳しかったです。

転職したてっていうのもあるのですが、年収水準があまり高くない会社だったので、地方在住とはいえ30代後半としては厳しい年収でした。

 

この転職はちょうど5回目の転職でした。で、転職753現象と照らし合わせてみると、753まではいかないけど、確かに転職するたびに年収が下がっていました。

 

新卒で入った会社が一番よかったのは間違いなし。残業が多かったけど。

 

antab.hatenablog.com

 

 

そこから、残業があまりない会社に転職したら年収は6割程度になった。で、5回目の転職のころには5割までいかないけどかなりさがってましたね。

 

で、現在ですがさらに転職を重ねましたが、16くらいになりました。16%ではなく、160%のほうです。

 

いまはなんだかんだいっても好景気っていうことを実感します。こんなおっさんでも転職できるし、給料も下がらないどころかあがっています。まあ、残業も多くなったんだけど。

 

これまでは転職し続けると年収が下がるっていうのが当たり前だったのだろうけど、時代背景によってはそうとは限らないし、やり方次第では上げることもできるんだなと実感しています。

 

転職しないに越したことはないけど、いやな仕事で年収も上がらないっていう人は、恐れずに転職するもの手ですよってことを書きたかったのです。

 

 

転職に向いている人 転職してはいけない人

転職に向いている人 転職してはいけない人

 

 

 

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール