アン・タブチのブログ

色々と現状を変えたいと思っているひとです

中途採用で在職者を面接に呼ぶときに、平日昼間の時間を指定してくる会社ってバカなの?


ども。最近転職活動中の自分。その時に感じた事ですが、

 

中途採用で在職者を面接に呼ぶときに、平日昼間の時間を指定してくる会社ってバカなの?

 

なんで、在職中だってわかっているのに平日昼間なんでしょ?

働いているに決まっているじゃない。

 

それなのに昼間にする理由はなんなんでしょ?

 

「面接担当者が、勤務時間外にやりたくない。」

 

まあ、それだけのことなんでしょうけど、それって採用に力を入れなさすぎじゃねいですか?もうちょっとやる気を出してもいいんじゃ…

 

よくあるパターンとしては、面接をする役職者に気を使ってか、本人の意向なのかはわかりませんが、社内の事情ということが多いですよね。外の転職者より、うちの上司の都合というわけですわ。

 

なんか、そんな会社だと人材の扱いが最初から分かって、一気にげんなりするんですわ。

 

「会社を休んでこれないような転職者は、うちの会社への意欲も低い。」

 

そんな会社もあるかもしれませんね。

 

でも、会社を休んでほかの会社の採用試験受けるような人材を欲しいのですかね。だって、間違いなく嘘をついて会社を休んでいるわけじゃないですか。そんな人間が欲しいのかと。

 

「そのくらいのスケジュール調整ができない転職者はいらない!」

 

っていう会社もあるかもしれませんが、結局のところ嘘をついて休むわけですよ。堂々と面接だから休みますって言える人はいませんがな。

 

というわけで、

 

中途採用で、在職中の転職者の面接を行う会社は、まず転職者の都合を聞いて、夜間・休日の面接の準備をすること。

 

おねがいします。ほんと^^

 

 

 

キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職 7つの法則

キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職 7つの法則