読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アン・タブチのブログ

色々と現状を変えたいと思っているひとです

普通の完全週休二日制が一番。勤めている会社の休日設定に思う、連休のありがたみ


会社の休日はいつですか?

皆様の会社の休日はいつでしょうか?

 

多くのサラリーマンは、「土日祝日」が休みでしょう。

まあ、実際に休めるかどうかは別として、「土日祝日」の完全週休二日制の会社が多いと思います。

 

次に多いのは、日祝休みで、隔週土曜休みでしょうか。

東京などの都会や大企業ではあまり見られなくなりましたが、地方の中小企業にいくとまだ多くの会社がこの休日体系を取っています。

 

そのほか、販売・サービス業に多いのが4週6休などの休日体系。

土日に営業をしていたり、シフト体制になっている場合は、このような休日のとり方をするほかありません。

 

不動産会社なんかに多いのが、水曜日休みで4週6休という休日体系。
なんで不動産会社は水曜日休みが多いのでしょうか?

 

休日体系の変化

最近、連休って大事なんだなって思います。今時分が勤めている会社は、水曜日が休みで、そのほかに休みが月2・3日あります。


連休になることはまれで、飛び飛びの休みがほとんどです。

 

年末年始やゴールデンウィークには連休となり、それが年4・5回あります。

 

以前は普通に土日休んでいました。今の会社に転職して完全週休二日制ではなくなったのですが、そのときはあまり深く考えていませんでした。

休みが年120日程度から105日くらいに減る事はわかっていたのですが、

 

「年間15日なら月1日くらいでしょ?そのくらいなら大丈夫。」

 

と思っていたのです。

 

しかし、実際に変わってみると、思った以上に休日が変わったことは心身ともにダメージになりました。

 

休日体系が変わったことで、思っていた以上に疲労感があることに気づいたのです。

 

どうして疲労感がアップしたのか

なぜ疲労感が増すことになったのか。その理由を考えてみました。

年間15日の休日が減ったわけですから、そのせいなのかとも考えましたが違いました。

 

連休が減ったことによって心身ともに疲れを感じるようになったというのが、一番の理由だと思います。

 

連休って大事なんです

 

一度慣れたら元には戻れない

まあ、昔のサラリーマンは週休二日制なんかなく、日曜日以外は働いていたのです。
連休がなくたって、週休2日制であればいいだろと言われても仕方ありません。

 

でも、一度週休二日制に慣れてしまうと、連休がないと想像以上にしんどいです。
これは、そうなって初めて気づきました。

 

今後、転職を予定していて休日設定が変わるという場合の方は、連休が取りやすい環境かというのも注意したほうがいいかもしれません。

 

 

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる