アン・タブチのブログ

色々と現状を変えたいと思っているひとです

主張と俯瞰


主張をぶつけたい

このブログでは、自分が思っていることをストレートに書くようにしている。そのために匿名で書いている。実名を出すと、どうしても読む人を想像してしまうからだ。普段は思っていても言えない“主張”を書きたいと思って、このブログをはじめた。

 

しかし、いざはじめてみると、思ったままの“主張”を書くのは難しいことだと実感した。「ここでは素直に書いていいのだ。」と思って書いているのだが、なかなかうまくいかない。なぜなら、一度書いた文章を再度読み直し“俯瞰”してみると、その“主張”がいかに独りよがりで狭い視点のものかを実感させられるからだ。

 

書いているときは「絶対こうだ!」と思っているのだが、読み返してみると「あれ?こうじゃないかな。」「これは人によっては誤解するだろうな。」などと考えてしまう。それが正しいかどうかはわからないのだけれど、そのまま公開するのをためらってしまい、書き直すことがよくある。

 

ブロガーってすごいですね

世の中の“ブロガー”と呼ばれる人たちはすごいと思う。自分の主張・意見をずばりと書いている。それが時として炎上したり、批判されたりするのだが、それでもかまわずにブログを続けているのである。精神力がないと出来ないことだと思う。

 

そんな人たちも、やはり“俯瞰”して、書き直しているのだろうか。“プロ”と頭につくブロガーは、自分の主張の微調整はしても、本筋は曲げていないように思える。たとえそれが炎上・批判される内容でも、主張することは主張しているのではないか。だから、その記事は賛否両論だけれども面白く、人を集めることができる文章になるのだろう。

 

“俯瞰”するのは間違いではない。でもその結果、公開して炎上・批判されることを恐れて主張を曲げてしまうのが自分だ。だから、呼んでいて面白くない文章になるのだろう。無難な文章は誰も傷つけないが、誰も惹きつけない。

 

面白い文章を書きたければ、炎上・批判を恐れずに自分の主張を書けばいいのだ。それがブログという場なのだから。と、言葉で書くのは簡単だが、実行するのは難しい。たとえそれが匿名だとしても。それを実行するには、自信がなければできないのではないか。あと、才能もある。そう考えると、自分は文才がないだけかもしれない。

 

言いたいこと

なんだかよくわからないエントリーになったけれど、言いたいことは、たとえ匿名のブログでもいいたいことを主張するのは難しくて、ついつい気を使って書いてしまっているなとうこと。これってやっぱり現実社会からの一種の病なんですよね。波風立たないように生きてきたのだから、ネットとはいえ急にそれを覆すというのは難しいのです。

 

 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方